『ワンピースフィルムGOLD』豪華なゲスト声優・2018年5月アニメ

ほかのテーマも考えたのですが、隣のテレビで『ONE PIECE FILM GOLD』放映中なので、今日は小ネタを紹介します。

劇場公開は、2016年7月。ワンピースの劇場版としては13作目になります。

前作の「ONE PIECE FILM Z」に続き、原作者の尾田栄一郎先生が総合プロデューサーとして参加してることを知って、私も映画館に行ったクチです。大きい画面で見ると、ひたすらキラキラしてましたね〜。

登場人物などは本作と絡みながら、当時放映していたストーリーとは別の、外伝といった趣。2Dや3Dだけでなく、4DXやMX4Dでも放映され、悪役テゾーロの入浴シーンでは、入浴剤の香りがしたとか。

と、尾田先生オススメのオープニングは本当にゴージャス。CGや3Dアニメのほか、レビューシーンでは、本当のダンサーが踊ったものをモーションキャプチャーで採り入れているとか。

尾田先生曰く、「ジェットコースターみたいな映画」「自分がマンガで描かないようなものが観たい」とリクエストしていたそうです。

また、私が『GOLD』で気になったのは、ゲスト声優の豪華さ。メインキャラクターのカリーナ演じる満島ひかりさん。歌上手い!セリフは彼女らしかったですけど。

あとから知って驚いたのは、バカラを演じた菜々緒さん!適役テゾーロの部下で、ラキラキの実(相手の運を吸い取る)能力者なのですが、エロっぽくSなキャラクターに、いつもより高めの声で合わせていたせいか、全然気付きませんでした。

同じテゾーロ一味で、ヌケヌケの実(どこでもすり抜けられる)の能力者タナカさんが濱田岳さん、これも全然気付かず。

テゾーロ一味のディーラー、ダイスをケンドーコバヤシさん。

伝説のギャンブラー、レイズ・マックスが北大路欣也さん。

前日譚でテレビ放映された『ワンピース~ハートオブ ゴールド~』の適役マッド・トレジャーが小栗旬さん。

カメ車(アメ車もじり)レースで、ルフィたちとデッドヒートを繰り広げるレーサーのケント・ビーフJr.とその相棒のポークを古田新太さん。

同じレーサーのジミーマイヤーズと、グラン・テゾーロ内を見張る赤目フクロウをコロッケさん。(赤目フクロウの声、16匹変えているそう最高です笑)

麦わらの一味に襲いかかるロングロング海賊団の一員・モーキンを芸人のナダルさん(最近見ないなあ)

グラン・テゾーロで奴隷として働かされている元軍人ダブルダウンとカメ車レーサーのホワイトジャックを竹中直人さん。

天竜人の一人で、テゾーロからの天上金を受け取りに来た“カマエル聖”をさまーずの三村マサカズさん。

カメ車レーサーのカーブをドラマ『コードブルー』の成田凌さん……とゲスト声優てんこ盛り。

想像しながら観るのも楽しいですね。

ワンピースの敵役はみんなドSが多いのですが、今回のテゾーロはちょっと哀愁も背負っていて、深みがあるかなと思ったのですが、最終的にはいつも通りの盛り上がり。

放映中のアニメは、ここのところ麦わらの一味が別々に活躍することがずっと続いていますが、このゴールドに関しては(捕まったゾロを除いて)一味で作戦立てて戦うところとか、興味深いです。

……ってなこと書いているうちに、クライマックスねですね。集中しよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ