BUMP OF CHICKEN『PATHFINDER』福岡公演の幸福感・2018年3月ライブ

BUMP OF CHICKEN『PATHFINDER』

BUMP OF CHICKENボーカルの藤原基央(フジ)くんがインフルエンザにかかったため、1/28から3/18に変更になったライブツアー『PATHFINDER』に行ってきました。

バンプのツアーは2回目ですが、初のアリーナ(スタンディングブロック)ということで、1時間以上早く行ったものの、入場に並び、ライブ自体もツアー最終日(本当は埼玉スーパーアリーナのはずが、延期になったので)ということで、アンコールも多く長丁場になり、帰りの博多駅までの直行バスに並び……ということで、4時間以上立ち通し。

『PATHFINDER』入場の列

体力限界への挑戦のような1日でしたが、今思いだしてもにやけてしまうほどシアワセなライブでした。

アンコールでは、新曲「スピカ」のアコースティックや、幻?の名曲「DANNY」まで聞けて大満腹。

ライブのレビューを書こうかなと思っていたのですが、逆に言葉にならないなあ……と思っていたら、丁度良い(?)タイミングで、日テレ「ZIP!」のインタビューがアップされていたので、紹介します。

今回は、一人での参戦でしたが、ライブのシアワセ感と同時に、来ているファンの子達からもたくさんハッピーをもらいました。

みんな純粋で、もう可愛くて……まあ、年齢的に自分の子供より若い子が多かったですからね。

このとき、私自身ちょうど『アンナチュラル』にはまっていて、ナマで観るフジくんが、髪型一緒で“中堂さん(井浦新)”にしか見えなかった(~_~;)……と思っていたら、帰りのバスで並んでいるときに同じ事を言っている女子がいたり。

帰りの電車でたまたま隣に同じライブに行ってた女子と一緒になって、大盛り上がり。お手製のシールをくれたり……ライブDVDを観ていても思うのですが、BUMP OF CHICKENのファンって、ライブ聞きに来てるというより、お祭りに一緒に参加してる感が強いですね。

動画にもあるように、藤原くんもファンに呼びかけるように歌詞を変えたり、ちょっとしたお笑いMCやメンバーとファンとの掛け合いがあったり、一緒に楽しんでいる感が満載でした。

当日配られたシールを見たら、

BUMP OF CHICKENシール

藤原画伯の手描きイラストのお詫びデシタ。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ